紫微星 紫微斗数

占いブログ【紫微斗数】主星紹介 – 高貴で威厳がある生まれながらのリーダー 紫微星(しびせい)

主星, 占い, 紫微斗数

もともと紫微斗数の星々は封神演義という中国の神話に由来すると言われ、封神演義に登場する人物として紫微星は伯邑考(はくゆうこう)として考えられています。伯邑考は文王の長子(周の王族の家系)に生まれ皇太子としていずれ王を継ぐ立場でした。民衆から尊敬され才能もありましたが若くして殷の人質になり殺され、結局、王にはなれなかった話しがあります。

紫微星は五行では陰の土で北斗主星に属し、高貴、高級、指導力、プライド、徳、礼節、品性などの意味があります。これらのキーワードは封神演義の皇太子が来ているかと思いますので、キャラクターで星の性質を覚えると覚えやすいです。命宮に紫微星が入ると上品でおだやか、頭の回転が良く要領が良い人が多いでしょう。人の上に立つ度量があり自然とリーダー的な役割も担っていきます。ただし、プライドが高くエリート志向なところもあります。また持続力がそれほどなく、最初始めたことを最後までやる力がなかったり考えが甘い部分もあります。紫微星は基本的に吉星なのでどの宮に入っても良い作用があると捉えます。例えば仕事を表す官禄宮に紫微星がある場合、成功や発展の可能性が高く、人の上に立つ管理者や経営者として成功する可能性が高いでしょう。また財帛宮に紫微星があれば社会的に評価される仕事を行って収入を得たり、高い役職や身分による大きな収入が期待できます。財運は非常に良いと言えるでしょう。紫微星はどんな人にもかならずどこかしらの宮に入っていますので自分がどこの宮に入っているか確認してみてはいかがでしょうか。

下の紫微斗数の無料占いのリンクで自分の星を確認することができます。