占いの基礎知識 基本 勉強

占いの基本

占いとは

占いとは、よく統計学だとかエンターテイメントの一種だと言われますが、私はあまりそうは思いません。人それぞれ定義は違うと思いますが、私は占いとは森羅万象のエネルギーの流れを読み解く一つの方法だと思っています。現代科学ではまだ解明されていない方法で読み解くので、なんだかインチキくさく思えるかもしれませんが、占いを勉強すればするほど論理に基づいているところがあります。占いは大きく分けて3つの体系があります。生まれたときの星の配置から読み解く方法、モノのカタチから読み解く方法、時間と偶然に出た事象から読み解く方法、この3つの占いはそれらの読み解き方を勉強すれば誰にでも出来ます。難しいのは単純に読み解くだけでなく、直観やインスピレーションも必要だということです。直観やインスピレーションは学問として勉強できる分野ではありませんが、芸術や瞑想など自分の内側を鍛えることである程度獲得できる資質です。

実は占いは古代から続いており、案外思った以上に歴史があります。時代によっては占いで国家予算を決めていたり、首都の場所を決めていたり、いまでは考えられない使われ方をしていた時期もありました。今では占いはエンターテイメント的な側面で多く扱われていますが、本来は宇宙・自然・人間を含めたもっと根源的な見方が強かったのではないかと思います。占いはいわば古来からの智慧として、いま自分の人生に起こっている問題や転機を知り、どう対応するか気付きを与えてくれます。よりかしこく占いを使うことは、人生を豊かにし、自分らしい自分を生きていく上で大きな役割を果たすのではないかと思います。

占いを勉強するにあたっての基本

占いについての基本的な事柄や仕組みについて項目ごとに解説していきます。

占い師になるには

占いの種類

占いは大きく分けて3つの体系があります。生まれたときの星の配置から読み解く命術(めいじゅつ)、モノのカタチから読み解く相術(そうじゅつ)、時間と偶然に出た事象から読み解く(ぼくじゅつ)のそれぞれについて解説しています。

旧暦とは

東洋占いにおいて旧暦の概念を知って読むことがもっとも重要になってきます。旧暦についての基礎的な知識について解説しています。