破軍星 紫微斗数 甲級 主星

占いブログ【紫微斗数】主星紹介 – 好き嫌いが激しい強烈な個性 破軍星(はぐんせい)

主星, 占い, 破軍星, 紫微斗数

封神演義での破軍星は殷の最後の王 紂王(ちゅうおう)

紫微斗数の主星14星は封神演義のキャラクターを元にしているという話しを以前のブログでしました。今回お話する破軍星は封神演義では悪名高き殷の最後の王 紂王になります。紂王は文武両道に長けた才能を持ち弁舌も非常に優れていました。しかし、妲己に溺れ始めてからというもの、妲己の言うこと何でも聞き入れ、二人で欲望のかぎりを尽くし堕落の一途をたどったと言われています。最後は周の武王に敗れ自害しました。その魂が封神され破軍星となりました。

破軍星の意味と命宮に入った時の特徴

破軍星は北斗7星に属し、五行は陰の水となります。破軍星は紫微星の側近として王の身を守り、常に前線で部隊の指揮を取る将軍のようなイメージです。したがって破軍星を持つ人は決断力や行動力があります。七殺星と意味は似ていますが、破軍星の人はそれに加え反骨精神や衝動的な面があります。好き嫌いがわりとはっきりしており、自分がこれだと思ったことは後先考えずに勝負に出て失敗することもありそうです。また興味のあることはとことん追求する性格で型にはまらないユニークな個性があるのでハマれば大発展の可能性もあります。一方で破軍星の人は感性豊かな面もあるので芸術、芸能、宗教、哲学といった分野に進むのも良いでしょう。

破軍星の仕事運(破軍星が官禄宮に入る場合)

破軍星が官禄宮に入る人はアグレッシブで型にはまらない仕事ぶりで若いうちから重要なポストを任せられたりして活躍するでしょう。何でも一人でやりたい気質があるので組織の歯車としてまわるというより個人プレーで仕事するほうが性に合っています。また破軍星は「進出」という象意があるので会社内の事務方でコツコツする仕事より、外に出て激しく動きまわる仕事が向いています。良くも悪くも破軍星は個性が強いので、その個性を活かせる仕事を見つけることが成功の秘訣です。

破軍星の財運(破軍星が財帛宮に入る場合)

破軍星が財帛宮に入ると財運の浮き沈みが激しく安定しないでしょう。ただ、お金がないときはお金がないなりに何とかする力があるのが破軍星の特徴です。お金の稼ぎ方も型にはまらないやり方で稼ぐほうが良く、奇抜なアイディアを商品化したり一攫千金の投機的なビジネスで勝負するほうが性格的に合っています。したがって、ビジネスや投資の成功よりに大きな財も得られる可能性も多いにあります。破軍星の人はコツコツ時間をかけてお金を貯めるより独自の才能を活かして攻めの稼ぎ方が良いでしょう。

破軍星の社会・移動運(破軍星が遷移宮に入る場合)

破軍星が遷移宮に入ると外出する機会が多く、仕事で出張・引越しするなど何かと環境の変化があるでしょう。運勢のアップダウンが多く、新天地に移ったことにより問題が起きたり、逆に波に乗って展開が拡がったり、苦労とチャンスを同時に経験しそうです。社会運も忙しく動きまわることでチャンスを掴んでいきます。型はまらない自分独自の持ち味で勝負していくと良いでしょう。