天梁星 紫微斗数 甲級 主星

占いブログ【紫微斗数】主星紹介 – 世話好きで懐が深い 天梁星(てんりょうせい)

主星, 占い, 天梁星, 紫微斗数

封神演義での天梁星は殷の将軍 李靖(りせい)

紫微斗数の主星14星は封神演義のキャラクターを元にしているという話しを以前のブログでしました。今回お話する天梁星は封神演義では殷の将軍の李靖です。李靖は将軍として活躍する一方仙人のもとで修行をして道術も学び、後に武王に仕え李天王(りてんのう)と呼ばれる偉大な人物になりました。李天王は中国版の毘沙門天と同一視されています。勇猛果敢で優れた指揮官だった李靖ですが、封神演義上では李靖の三男の子供 那咤(なた)との親子喧嘩と和解のストーリーが有名です。

天梁星の意味と命宮に入った時の特徴

天梁星は南斗2星に属し、五行は土の陽となります。天梁星が命宮に入る人は一言で言うと親分肌の人です。世話好きで懐が深く、多少のことも動じない肝が座っている人が多いです。体格も筋肉質の人も多くたくましいです。天梁星は基本的にリーダーシップを発揮する星です。天梁星の人は自然と周りから頼りにされ、組織の中にいると大なり小なり上の立場になり、人を管理・統率する状況になりやすいのが特徴です。社長タイプではないのですが本部長タイプと言えます。また天梁星は手先は器用なのですが言葉がぶっきらぼうなところがあり物事もワンマン的に決める傾向もあります。人間関係もそれほど得意ではありませんが狭く深く付き合う関係になるでしょう。

天梁星の仕事運(天梁星が官禄宮に入る場合)

天梁星が官禄宮に入る人は、病院、看護、介護などの医療・衛生分野との関わりがあります。一方、天梁星は手先が器用で職人気質な面も持ち合わせしていますので大工やエンジニアといった仕事も向きます。天梁星の人は早くから上の立場になって人をまとめていきます。目上からは信頼され、部下からも頼りにされます。ただし、頼られすぎて必要以上に疲労してしまわないように気をつけましょう。

天梁星の財運(天梁星が財帛宮に入る場合)

天梁星が財帛宮に入るとあまりお金に執着はしないでしょう。金銭的なことよりも社会的な信用、やりがいを重視します。性格はまじめなのでお金を必要以上に使うことはなくコツコツ貯めていけます。財運自体も悪くなく、天梁星の人は社会的な立場も上がりやすく収入もそれ比例して上がるので人生の中盤にはそれほどお金に不自由しないでしょう。火星、鈴星、羊刃、地劫、化忌などの凶星と同宮、加会している場合、若いときは金銭的に苦しかったり、人の面倒を見たりして支出が絶えないかもしれません。

天梁星の社会・移動運(天梁星が遷移宮に入る場合)

天梁星が遷移宮に入ると目上や有力者との出会いや縁に恵まれるでしょう。厚い信頼関係を築くことで仕事上の発展が望めます。天梁星の人は早くから親元を離れ社会に貢献することで大きな成功が期待できます。世のため人のために行動することが大事です。