手相 結婚線 結婚

占いブログ【手相】結婚線で結婚の時期は見れない?

占い, 手相, 相術, 結婚線

Pocket

結婚線で見る結婚の時期

今回は手相の結婚線について書いていきたいと思います。

手相の三大基本線、生命線・知能線・感情線を知らなくても、なぜか結婚線だけは知っている方を良く見かけます。

手相鑑定するときによくあるのが、結婚線を見せていつ頃わたしは結婚できるのでしょうかという質問。実は結婚線で結婚の正確な時期を当てるのは至難の技。早婚か晩婚か、何回くらい結婚しそうか大雑把なところしか見れないのが実情です。結婚の正確な時期を知るには生命線と運命線を見るのが分かりやすいのです。

結婚線の位置ですが、一般的には小指下の赤枠に囲まれた箇所に横線が出れば結婚線として見なします。

手相 結婚線

結婚線で見れること

この箇所に何本も横線が出ていたりすると何回も結婚するかというとそういうわけではありません。 結婚線は、”結婚”と呼ばれてはいますが、実際のところ恋愛している時も線としてもあらわれてきます。結婚まで至らなくとも大きな恋愛をしたときにこの線が伸びてくるので恋愛前後に注意して見るといいと思います。

特に伸びやすいのはお互いの距離が近くなったとき、例えば同棲したり、頻繁にお互い会うようになったときなどこの線がいつの間にかニョキニョキ伸びています。逆にいうと恋愛をしていてもあまり深い仲ではないときは結婚線は伸びません。またもし同棲していてもバリバリ仕事をしていて結婚に意識がないときもこの線は伸びません。

ですので、この線がかなり伸びているときは、結婚についてそれなりに意識しているはずです。別の表現でいうと結婚線はその人がどれだけ結婚に対する意識があるかのインジケーターなのです。

結婚したいと口では言いつつ、結婚線がほとんどない場合、実際は結婚という肩書きがほしいだけの場合が多い気がします。寄り添って本気で将来を一緒に作って行きたいというパートナーが表れたとき結婚線が出てくることを覚えておいてください。

なお、実際は結婚線のみですべてを判断できません。上でも書いたように生命線や運命線など相互に観ながら全体を判断します。結婚を前提にお付き合いされている相手に結婚線がないからと言って相手を責めないでください。手相は意識するだけで急に線が出てきたりしますので、いまは無くともすぐに出る可能性があります。