比肩 劫財 通変星 四柱推命

占いブログ 【四柱推命】通変星の特徴 〜比肩(ひけん)と劫財(ごうざい)〜

占い, 命術, 四柱推命, 通変星

Pocket

四柱推命では通変星(つうへんせい)という概念があります。十干の組み合わせから10種類の星を導き出します。通変星にはそれぞれ特徴があるので、今回は比肩(ひけん)、劫財(ごうざい)の通変星を紹介します(こちらに紹介する特徴は命式の月支にある場合を前提に書いています)。

通変星【比肩】

比肩となる組み合わせは十干同士が同じ五行と陰陽のとき比肩となります。比肩は自分自身を表し、また兄弟姉妹、身内、同僚、同業者などを表します。文字通り肩を並べるという意味から他人との同じ目線でいることを好み、ひいては他人より劣りたくない気持ちが強くなり負けず嫌いな人が多いのが特徴です。比肩が多い人は自我が強く、意志が強固でわがままな部分があります。独立心が旺盛なので20代、30代の早いうちから仕事も独立する傾向が強いです。家業はあまり継がず新規に新しく事業を起こします。他人に任すより自分一人で何でもこなしたい人なので共同経営は向かないことが多いです。比肩は自分自身を表すので基本的に吉星でも凶星でもないですが、ほかの五行のバランスで吉作用、凶作用になることがある。身弱(自分のエネルギーが弱い)のとき、比肩が多いと自分のエネルギーを助けてくれるが、正財を剋すので仕事を頑張ってもなかなかお金に繋がらないことが多かったりします。

通変星 【劫財】

劫財となる組み合わせは十干同士が同じ五行ですが陰陽が逆のとき劫財となります。なお、陰陽逆の場合において陽干から陰干を見るとき敗財(はいざい)と呼ぶときがあります。劫財は上の比肩と意味的に似ています。(義理の)兄弟姉妹、身内、友人などを表します。ただ性格は劫財の人のほうがより強く、人から財を奪うという意味が劫財にはあります。敗財は逆に人に財をあげてしまうことで財が無くなることが多いです。劫財の人は向上心が強く、常に他人から技術や才能を学ぼうとするエネルギッシュな性格です。また仲間思いで人を助けることに喜びを感じる人が多いです。職業では看護師、介護師が多く、劫財のエネルギーが強い人は経営者になることもあります。劫財はエネルギッシュな通変星ですが劫財が多いと凶作用が強くなります。劫財は一般的に凶星と言われ、他人を蹴落としても成り上がる強さを持ち、ずる賢さ、自分だけ得しようと画策する部分があります。特に人生経験が浅い人ほどそのような傾向が強く感じられます。劫財を持つ人は運気もアップダウンが激しく、突然成功して大きなお金が入ってきたかと思えば、いままでやってきた悪さがバレて逮捕されるなど劇的な人生を歩むことがあります。