廉貞星 紫微斗数 甲級 主星

占いブログ【紫微斗数】主星紹介 – 好き嫌いが激しい不屈の意志 廉貞星(れんていせい)

主星, 占い, 廉貞星, 紫微斗数

封神演義での廉貞星は費仲

紫微斗数の主星14星は封神演義のキャラクターを元にしているという話しを以前のブログでしました。今回お話する廉貞星は封神演義では暴君紂王に仕える大臣 費仲(ひちゅう)になります。紂王に可愛がられ、うまく取り入ることによって私腹を肥やした人物です。日本でいえばまさに悪代官のような人。都合の悪い人には皇后暗殺の濡れ衣を着せたり、妲己に取り入り庇護してもらったりとずる賢い策をたくさん講じていますが、最後は姜子牙によって封神されています。

廉貞星の性格、宮に入った時の特徴

廉貞星は北斗5星に属し五行は陰の火です。廉貞星は「囚」という現象を表すとされ、廉貞星が命宮に入ると好き嫌いがハッキリした性格になります。自分の好きなことには没頭し、嫌いなものは全く見向きもしません。また廉貞星の人は目標が高く己の成功に向かって一心不乱に動く強い意志と実行力があります。ストイックな面があり自分の価値観を基準に物事を考えるため他人に対する要求が厳しかったりします。強くて頼もしい部分もありますが厳しく怖い面もあります。一方、廉貞星は桃花の意味があり男女ともに不思議とモテます。しかし、悪い部分が出ると色情関係に問題が出ることが多く何度も結婚を繰り返したりします。またギャンブル好きも多く、こちらも悪い面が出ると借金地獄になったりと、廉貞星は常に自制心を失わないことが大切です。廉貞星が仕事を表す官禄宮に入ると、芸能、美容、水商売、娯楽産業などに関連する職業が適しています。また高度な技術が要求される機械、電気、医師、薬剤師、弁護士なども向いています。何かと処世術に長けているため成功も早いでしょう。廉貞星が財帛宮に入るとお金の出入りが激しくなります。廉貞星の星の光度が強ければきちんと管理し、計画的にお金を大きく増やしていけますが、光度が弱いとギャンブルなどにお金を費やして生活苦に陥るなど考えられるためお金の運用は気をつけましょう。